2022 AWARD

Grand Prize

総合グランプリ
Beauty部門グランプリ

髙木 あかね

Beauty Japan 2022 総合グランプリとBeauty部門グランプリを受賞しました、ガンサバイバーの髙木あかねです。

『病の予防の為にできる事、早期発見・早期治療はもちろん、生きる幸せや喜びを伝え続け、人生を楽しむ人を増やします!』

この想いを言い続け、「命の大切さだけでなく、人生についての捉え方や、自分の生き方そのものまでが明るくなりました。」と涙を浮かべ笑顔で私に言ってくださった方がいます。

エントリーした時から、様々な葛藤がありましたが、挑戦して良かったと心から思います。

私は罹患してから決めている事があります。
それは、受け入れることはあっても病を理由に諦めないと言うこと。
大会を通して、応援してくださる方がとても沢山いると氣付き、皆さんのお陰様もあり自分の信念を曲げること無く走り続ける事が出来ました。
挑戦できたこの環境にとても感謝しています。

全国に熱い想いをもった素敵な女性たちと繋がれた事も宝物です。

日本中を旅しながら″生きる″を伝える講演会をするのが目標に!
大会が終わったこれからが新しいスタートだと思い精進して参ります!

皆様、ありがとうございました!
今後とも宜しくお願い致します。

Career部門グランプリ

水紀 華

『私にとって仕事とは人生そのもの』

“美を通して人を笑顔にしたい”
という幼い頃からの夢を叶え19歳で学生起業してからこの6年間、
仕事を宝物のように大切に取り組んできた私にとって
Career部門グランプリはとても光栄でした。
⁡ ⁡
グランプリを取って終わりにするのではなく
あくまでもビューティージャパンは通過点だからこそ、
これから更に仕事に真剣に取り組み
【美×チャリティー】のコンセプトで立ち上げた
自社商品の美容ブランドを広めていきます。
⁡ ⁡
ビューティージャパンを通し自分の想いを伝えられたことは、
かけがえのない機会だと思います。

その機会を無駄にしないよう
これからも自分の使命や想いを大切に美を通して
さらに多くの人を笑顔にしていきたいと思います。 ⁡

これまで多くの方にご協力と応援をして頂きました。
皆様からの想いを大切にしていき、
レベルアップした経営者としての姿を見せれるよう精進して参ります。
本当にありがとうございました。

Sociality部門グランプリ
【特別賞】The Beauty of ABILIS GOLF

市川 真樹

山梨のイチゴとブドウ農園の3代目。
“農家っぽくない農業女子”をコンセプトに農業の魅力を発信しています。
エントリーした日から私の目標は「日本大会でグランプリを受賞する事」でした。
もちろん出るからには結果を残したい!という想いもありましたが、
何よりも、農業女子がグランプリを受賞する事でより農業へ興味を持っていただけるのでは無いかと思ったからです。

農作業にシングルマザーでの子育てにBeautJapanの活動に…目まぐるしい日々ではありましたが
地域の方々や農園のお客様、そしてSNSを通して全国の各地の農家さんの応援が私の背中を押し続けてくれました。
沢山の方々の応援があったからこそW受賞をする事が出来たのです。
また、FUJIYAMA大会にてグランプリ受賞、日本大会にてW受賞後、地元の新聞や番組に沢山取り上げていただけた事により
地域の方々が喜んで下さり、地域に貢献する事が出来たと感じています。

グランプリSociality【社会で輝く人材へ】
私はこれからも農業の魅力を発信し
農業で輝く人材を増やしていきます!

応援して下さった沢山の方々、本当にありがとうございました。
これからも“農家のマキマキ”を
“いちかわベリーハウス”をどうぞ宜しくお願い致します!

Category Award

Culture部門グランプリ

中村 綺花

【culture部門、グランプリ】
見に余るほどの嬉しい賞です。

『人生が変わる大会があるから出てみない?』
知人からの一言でBeauty Japanに参加しました。

産科クリニックに勤める助産師の私は、
産前産後の方に向けて拡めていきたいものはありました。

それは、
日本ではまだ当たり前になっていない
妊娠中からの乳幼児の睡眠教育です。

しかし、自分に自信を持てず、
年齢を重ねるごとに自身の殻に閉じこもってしまい、
発信することを躊躇していました。

Beauty Japan山口広島大会では、
自分に向き合うことで
何を伝えていきたいのかを明確にし、
自信をもてるようになりました。

日本大会ではより一層、
社会的使命や内面からの美に向き合うことで
助産師としてブレない軸を確固たるものとし、
今後の未来像を描けるようになりました。

この期間を通じて
【日本の産前産後の文化を時代に沿って変革していくこと】
を担う役目に気付きました。

私の物語はまだ始まったばかりです。
Beauty Japanをきっかけに社会貢献ができるよう努めていきます。

応援や協力をしてくださる方々、
本当にありがとうございました。

Entertainment部門グランプリ

上西 佑紗

まだまだ認知度の低い『産後ケア』を広めたく、Beautyjapanに挑戦をしました。

産後うつという辛く悲しい時期を乗り越えた今、こんな場に立てたということ。
そしてその頑張り続けた結果、Entertainment部門グランプリを頂けたということ。
本当に嬉しく光栄でございます。

応援してくださったたくさんの方々、家族、
一緒に頑張り続けたファイナリストの皆様、
この大会を作り上げてくださった運営の方々
皆様に本当に感謝しております。

きっとこの挑戦がなければ出会わなかった方たちや感情、
人間として大きく成長させていただきました。

産後の苦しい時期がなければ今の私はいません。
そんな風にトラウマだったころを感謝の時期に変えてくれた
BeautyJapanという大会。
本当に挑戦してよかったと心から思っています。

これからは、さらに多くの方に産後ケアが届くよう。
個々人として、そして協会のみんなと一緒に
さらに頑張っていきたいと思います。

今後とも応援していただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Independence部門グランプリ

小久保 光

『社会で活躍できる女性を発掘し、支援すること。』という大会の目的に共鳴し、BeautyJapanへの参加を決意しました。

“女性を光り輝かせるために生まれてきた!”
わたしにとって、BeautyJapanでグランプリを獲得し女性の社会進出を応援する先導者になる!!という思いは、
出場を決め、日を増すごとにさらに大きく強い思いになりました。

independence部門グランプリをいただき、今まで以上にビジョンに向かって走り続ける勇気とエネルギーを与えてもらったような気持ちです。

そして 出場したことで女性としての大切な7つの要素(BeautyJapanの7つのコンセプト)に向き合いました。

これは今後、わたしが女性として生きる上での行動指針とし、
全ての女性に伝えていきたいと思う 素晴らしい考え方です。

自分と向き合い、もがき続けた8か月の間で、たくさんの学びと気づきも得られました。
本当にありがとうございました。

BeautyJapanを経て、より進化した私は、これからもひとりでも多くの女性を輝かせ、
光り輝く女性がが生まれ続けるしくみをつくることで、人生をまっとういたします。

Fashion部門 グランプリ

曽田 葵

ヘアメイクを活かす生き方
“介護美容×訪問美容”
を伝えたいと挑んだ大会。

“人生はファッションや”と自分を彩り、魅せ、
進化できるものやと自分の想いと表現を貫いた結果

Fashin部門のグランプリをいただけ本当に、
夢のように嬉しいです‼︎

インスペも事前審査もない、
エリア選考会からの日本大会進出

混乱や葛藤もたくさんありました。
でも
自分がどう,みられるかではなく
自分がどう,あるべきか
自分に自信がもてた時、
“やったろ!”と思った瞬間で迷いはありませんでした。
この経験を無駄にする事なく、
美しく老いる、人生をいろどる
当たり前になる
介護美容の活動で
ヘアメイクで
一人でも多くの方を幸せにしていきます‼︎

“普通の主婦が記憶に残る人になれる”

ひとつひとつの行動が
一言一言が
全て自分にかえってくること、
人は人によって成長すること、
人間力と向き合わせていただけたこと、
BeautyJapanに感謝の気持ちでいっぱいです‼︎

エリア大会、日本大会を主催、運営して下さった皆様、
共に挑戦したファイナリストの皆様、
出逢ってくださり 本当にありがとうございました‼︎

【特別賞】The Beauty of DAZZLATION

藤田 美佳

「誰でも社会で活躍できる」
社会人になってからそんな事を証明したくて

高卒偏差値29でお世辞にも
「活躍してる」とは言えない中
19歳から12年間努力を重ねてきました

31歳の今でも全てを仕事に捧げて来ています。

そんな中初めて仕事以外で
全力で取り組んだBeauty japan。

特別賞まで頂けて
感謝の想いでいっぱいです

ちなみに今の所当時の私より
偏差値が低かった人にお会いした事は無いです。笑

だから胸を張って言えます。
「全ての人には可能性がある」と。

Beauty japan審査中に立ち上げた企画、
学生100名へ「人生の宝地図」を届ける!為の
(キャリアマップ)クラウドファンディングが
成功した事をきっかけに

今後は
児童養護施設にいらっしゃる学生や
その他の学生に届け
夢をに近づくお手伝いをします。

そしてそれだけでなく、
活躍する場所を提供していけるように
更なる事業拡大と法人化を目指します。

今回沢山の方々の応援とご協力頂きました。

頂いた想いを無駄にしないよう、
今後も自分自身を成長させて証明していきます。

本当にありがとうございました。
関係する全ての皆様に感謝と敬意を込めて。

【特別賞】The Beauty of DAZZLATION

こんなな

「この大会にでたら私の人生にどんなイベントが起きるんだろう。」

初めは、そんな冒険心で受けたBeauty Japan

やると決めたからには、結果を出す!
という気持ちで日本大会まで来たので、
特別賞をいただいた時は嬉しかったです。

ただ、私にとっては結果以上に得られるものがありました。

日本各地で頑張っている女性たちとの繋がりは
Beauty Japanに参加していなければなかったことです。

全国に頑張っている仲間達がいると思いながら、
これからもダイエット料理研究家として
「人生、おいしく、楽しく!食でみんなを笑顔にする」
という思いを伝えていきます。

そして、Beauty Japanで宣言した人生の目標
「5年以内にレシピ本大賞でグランプリをとる」
この目標に向かって、頑張っていきます。
5年後、楽しみにしててください。

沖 知美
河野 朝
中村 基子
Miia
土屋 彩乃
倉島 琴水
中村 茜
望月 綾乃
水紀 華
こんなな
三部 綾乃
シャーバー 千亜希
東 真七水
石川 ユキ
棚原 彩
増田 葵
RIRI
山口 葵
鷲主 愛美
清水 美樹
宮地 ちか
髙木 あかね
小久保 光
竹田 紗生
上西 佑紗
りなりな。
西田 有芙
藤田 美佳
若原 彩華
工藤 桃香
李 欣怡
中村 ひとみ
森本 美紗紀
西村 優花
昼間 弓子
徳田 真奈美
福岡 美波
吉田 知華
小川 ひとみ
Myw
中田 喜香
市川 真樹
堀口 愛
瀧沢 美佐江
中山 優子
大河内 愛美
関野 真由美
REI
Kanae
増田 久枝
鷲山 あかね
田中 麻衣
中村 綺花
國吉 利枝
李 永順
島田 幸芽
相川 美菜子
山本 千歳